物件取引の際に仲介手数料は無料にするべき?

物件取引の際、仲介手数料は無料するべき? それとも有料のまま? その悩み解決します!

仲介手数料無料物件の理由を知ろう!

みなさんは仲介手数料という言葉聞いたことありますか?
「聞いたことはあるけど、いまいちよくわからない。」
「これって何の手数料なの?」
と思っている方が多いと思います。

そこで、まず仲介手数料って何の為のお金なのかを説明します。

そもそも、仲介手数料とは
物件サイトなどで探しているときに、家賃とは別に敷金・礼金などと合わせて初期費用などの料金が記載されていることがありますよね?
そのお金のことを仲介手数料といいます。

では、何の為のお金なのでしょうか?
これは、大家さんが物件を不動産会社に紹介を記載してほしい頼み、その対価としてお支払いするお金のことです。
このお金があることによって不動産会社とは、物件の紹介や入居者と大家さんの取引の際に問題が起こらないよう、安全に手続きが進むように配慮して行ってくれるのです。
つまり、不動産会社の利益の1つでもある大切なお金でもあるんです。

しかし、この仲介手数料はあくまで取引が発生した時点で支払う成功報酬であります。
なので、もし物件の売却や購入の仲介を依頼してその物件が契約が成立しなかった場合は、仲介手数料は発生しないことになります。

仲介手数料が必要とされている物件は以下のものです。
・住宅や土地の賃貸
・中古住宅
・新築一戸建て
・土地の売買
しかし、売主から直接取引し契約した場合は、仲介手数料はかかりません。
つまり、不動産会社が間に入った場合のみ発生するというわけです。

また、宅建業法で決められていて
「家賃の1か月分(消費税)が上限」と定められています。

仲介手数料ありかなしか、決め手はこれ!

仲介手数料が無料にするべきなのか。 でも、やっぱり心配だから諦めるか。 どっちにするか悩みますよね? そこで、私なりの決めてをご紹介させていただいています。 最後に決めるのはこれを読んでいるあなたです。 ポイントをまとめていますのでおさらいしておきましょう。

Copyright © 物件取引の際に仲介手数料は無料にするべき?. All Rights Reserved.

TOPへ戻る